こちらを見ている女性
座っている女性

お色気サービスについて

ピンクコンパニオンのお色気サービス、その内容はさまざまだ。古き良き温泉旅館であれば「女体盛り」のようなサービスも楽しめるし、野球拳や混浴温泉などワクワクするようなイベントもある。

腕を組む女性

「延長」もOK!

ピンクコンパニオンは、「スーパーコンパニオン」とも呼ばれている。宴会が一応おひらきになったあとも延長料金を支払えば、スーパーな彼女たちは引き続きお付き合いしてくれるだろう。

男なら呼べ!

キャンディを持っている女性

東京をはじめ全国でスーパーコンパニオンのご要望がありましたらこちらのサイトを見るとよいでしょう。

安心の料金体系となるピンクコンパニオンの派遣サービスを利用してみませんか?

男の宴会は、酒があって、笑い合える仲間がいればそれでいい……などというどこぞの熱血野郎のようなことは言えない。
宴会には酒、仲間、まあいらんとは言わない。しかしもうひとつ、必要不可欠なものがある。熱血野郎は、それを忘れている。そう、「お色気」だ。
何しろ参加者は全員男である。前後左右すべて股の間にあれをぶら下げた生命体である。朝そった髭が夜には青々としてしまう、あのむさくるしい生き物である。そんな中で2、3時間も宴会をしていると、最初のうちは「仲間(笑)」のノリで何となく楽しめるだろうが、あとが続かない。何か物足りない、もどかしい、イライラするような気分になってくる。そう、男だらけでお色気がまったくないからだ!

というわけで、ここではひとつ、男だけの宴会に必要なお色気担当女性の調達方法を伝授しよう。その女性とは、ピンクコンパニオンと呼ばれる女性である。彼女たちは、普通のコンパニオンにはないサービスで我々を盛り上げてくれる。お色気サービスだ。
ピンクコンパニオンがいれば、酒や仲間にお色気が加わって、男だけの宴会もようやく格好がつく。2、3時間つづけてもまったく空気は不穏にならない。むしろ時間がたてばたつほど盛り上がる……ということになるのだ。
とはいえ、今初めて「ピンクコンパニオン」なる言葉に触れた、という人も多いだろう。それが具体的にはどういうことでお色気を担当するのか、イマイチ分からんという人も多いに違いない。そこで、ここではピンクコンパニオンをまじえた楽しい宴会について、そしてその開催方法についてお教えしたいと思う。

窓の外を見ている女性

色んな場所で呼べる

ピンクコンパニオンは温泉旅館とセット。と、考えている人も多いだろうがそうではない。たとえば都内周遊バス、屋形船、カラオケボックス、さまざまな場所でピンクなおもてなしを堪能できるのだ。

着物の女性

記事一覧

「ピンクコンパニオンを呼べ!男の宴会道をマスターしよう」の記事一覧です。